日経就職できーる

できるパートナー目指します

できるパートナー目指します。
「人財」に対する多くのニーズにお応えするため、学生の「職業観」を育むとともに、企業情報を学生に提供し、人事担当者の心強いパートナーとして御社の発展に貢献できる「企業と学生の架け橋」を目指していきます。
いつもお世話になっております。日経就職できるです。
昭和61年の専門学校日経ビジネス工学院の開校以来、私たち日経教育グループは、社会が求める即戦力となり得る創造性豊かな人材の育成を目指し、スタッフ一同、日々研鑽を重ねてきました。 そして、これまでに専門学校日経ビジネス・日経ビジネス工学院・那覇日経ビジネス工学院合わせて 6,500名以上の卒業生たちが社会へ羽ばたき、県内外で活躍しております。 弊社は平成17年に同校の支援企業として設立されました。各校で勤務していた就職担当スタッフは全員新会社に配属となり、 在校生だけでなく、卒業生の悩み相談や再就職支援も行っております。

設立趣旨

ミッション

ビジョン

設立趣旨
学生だけではなく 卒業生 もずっと支援。
日経が社会ニーズに合った人材を育成できるよう企業目線でチェック。
ミッション
優秀な人財を育成・供給し、永続的に日経教育グループ各事業部の支援企業として寄与することに全力を尽くす。
ビジョン
企業:自発的・先導的役割を担う人財を育成・供給することにより、企業(自治体・学校)の成長に欠かせない良きパートナーとしての会社。
社員:日経教育グループの発展に貢献していることに誇りを持ち、自己の夢・目標実現のためにいきいきと働ける職場。

企業ニーズに合った人材の育成を目指しています。

若年者の離職率の高さをいかに改善していくかが沖縄県の雇用情勢において大きな課題となっております。私たち日経はご採用いただいた職場で卒業生たちがより長く活躍できるよう、入学時から就職を意識した教育を行い、卒業後も研修や相談でサポートしております。

トータル就職支援システム

学生が自ら就職について主体的に考える授業を1年生の4月から導入していま
す。毎回就職に関するテーマでワークやディスカッションを中心として授業を行い、学生に答えを「教える」のではなく、「自ら答えを見つける」ことを目標にしています。企業見学やOB訪問、社会で活躍している方に本音でざっくばらんに語っていただく「本音(マジ)で語やびら」等もプログラムの中に組み込み、考えるだけでなく、実際に社会を「目で見て肌で感じる」機会も提供しています。

でき〜るスタッフ紹介

サポートします!

私たちは、「人財」に対する多くのニーズにお応えするため、学生の「職業観」を育むとともに、企業情報を学生に提供し、人事担当者の心強いパートナーとして御社の発展に貢献できる「企業と学生の架け橋」を目指していきます。

スタッフ画像

求人のお申し込み方法

本校では、企業の皆様からの求人の申込みを広く受け付けております。

お申込みの際は、下記よりダウンロードいただくか、御社独自のフォームに必要事項をご記入の上、下記連絡先まで郵送またはFAXにてお送り下さい。

​ ​